Sラボ
このページのメニュー ご案内 合格実績 生徒の声
ご案内

無料で体験受講いただけますので、お気軽にお問い合わせ・ご参加ください。

卒検・高卒・現役、また中学生、大学生・社会人も共に受講生募集中です。
通年講座も途中参加を歓迎いたします。
TOEFL講座・TOEIC講座を開設しました。大学生や一般社会人の方にもおすすめです。
学習相談も随時・無料で承ります。
チューターの家庭派遣なども応相談。


受講費およびお支払い方法について

timetable DL
← 画像クリックでPDFをダウンロード



2019年度 通常授業 時間割

timetable
← 画像クリックで拡大表示(別ウィンドウ)
※詳細はお問い合わせください。

2018年度 入試直前講習 時間割

timetable
← 画像クリックで拡大表示(別ウィンドウ)
※詳細はお問い合わせください。


2019年度春期講習以降の受講費およびお支払い方法について

timetable DL
← 画像クリックでPDFをダウンロード


2019年度(2019年春期講習)より、受講費およびお支払い方法を改定いたします(上記PDFファイルもご参照ください)。
入会金:30,000円
大学受験部・一般試験部 通年講座(1講座(1回2時間・毎週)あたり):
  前期108,000円(4月-7月の4ヶ月分)
  中期108,000円(9月-12月の4ヶ月分)
  後期81,000円(1月-3月の4ヶ月分)
季節・直前講習:27,000円(1講座8時間)
個別指導:36,000円(1ヶ月8時間分(2時間x4回))
完全マンツーマン:48,000円(1ヶ月8時間分(2時間x4回))
中学生通年講座(1講座(1回2時間・毎週)あたり):
  前期96,000円(4月-7月の4ヶ月分)
  中期96,000円(9月-12月の4ヶ月分)
  後期72,000円(1月-3月の4ヶ月分)
年間パック料金(通年講座のみ・4月-翌3月):1,500,000円



このページのトップへ



受講生41名の主な大学合格実績(2014-2018年)

国公立:東大 x6、一橋大 x2、東北大、九州大、学芸大 x2、首都大、東京藝大

私立:早大 x12、慶應大 x14、上智大 x6、ICU x3、理科大 x6、明治大 x10、etc.


  *医学部

国公立:防衛医大、東京医科歯科大、名古屋大、千葉大、信州大、山梨大、愛媛大、宮崎大、金沢大

私立:慶應大、慈恵医大、日本医大、杏林大x3、日本大x2、東京医大(特待)、東京女子医大、聖マリアンナ医大、東海大、金沢医大、岩手医大


このページのトップへ



生徒の声

2018年度卒塾生

伊澤さん (東京藝術大学)
photo 私は藝大を受験すると決めた時、どうしても実技に重点を置くしかなく、週六日画塾に通っていたため、センター対策を自力でやるしかないのかと悩んでいました。夏期講習も画塾詰めだったので、学科の塾に通うことは不可能でした。そんな時、Sラボでは生徒のスケジュールかつ自分の必要な内容に柔軟に対応してくれると知り、高3の夏休みの間だけ集中的にお世話になりました。日中画塾に通い、その後Sラボでセンター対策をしてもらいました。夏期という短い期間の中、私が必要としていた課題をこなせるよう個別対応でフォローしていただき、無駄なく集中して時間を使うことができました。おかげで実技にも安心して取り組むことができました。夏期以降は更に実技に時間を割かざるを得なかったので、実質学科はSラボでの対策だけでした。おかげで第1志望の東京藝術大学に合格することができ、本当に感謝しています!困っていたら是非Sラボに相談してみてください!

松平さん (東京工業大学)
photo 私は、高2の3月にSラボに入塾しました。大手予備校の体験も受けましたが、Sラボの少人数でアットホームな雰囲気に惹かれて入塾を決めました。私は主に、数学、英語を受講していました。数学では、どんな問題にも応用できる柔軟な解法を、英語では、解法だけでなくその背景をも学ぶことができ、様々なことに対して興味が掻き立てられました。文系科目でも、理系科目でも、どんなことでも答えてくれる先生の存在は、本当に安心できました。さらに、生徒の自主性を尊重してもらえるので、自分のペースで勉強を進めていくことができたのも、とても良かったと思います。このSラボで学んだ1年間は私にとってかけがえのない経験になりました。ありがとうございました。

井出くん (島根大学医学部)
photo 僕は、一浪が決まった後にSラボに入塾しました。 大手の予備校に通いながら、主に英語を指導していただくことになったのですが、正直なところ大手の予備校よりも圧倒的にSラボのほうが、上達が実感できます。文法、構文から、英文の解釈の仕方、そして背景知識まで細かく指導してくれます。英作文などの個別指導も充実していました。もちろん、他の科目も、桜井先生はじめ、多くのチューターの方が丁寧に指導して下さいます。 受験勉強は、辛いのは当たり前だと思っています。 その辛さを、どこまで学力に還元できるかに、結果が左右されると思います。 大事なのは自分のことだけでなく、一緒に戦ってくれるパートナーを見つけることです。 自覚、自律、責任、がキーワードだと思います!!


高松くん (東京工業大学)
photo 僕は高一の終わりからSラボに入塾しました。なるべく勉強において暗記をしたくなかった僕にとってSラボのようにそれぞれの科目、分野ごとに物事の本質を教えてくれる塾はぴったりの塾でした。また、受験対策においても問題の解き方のコツを整理して教えてくれたので問題を見たときに何に気をつければいいか、どういう解法で解けばいいかという見通しが立てられるようになったのもSラボのおかげです。 何より精神的に少し不安定だった僕に取って櫻井先生の存在はとても大きかったと思います。ここだけの話、失恋したときも相談に乗ってくれて気持ちが楽になりました(笑) SラボはOB/OGになっても関係が続いていくというのでこれからも楽しみです。 櫻井先生、3年間ありがとうございました。

2017年度卒塾生

菊池悠斗(東京大学理科Ⅰ類、国立高校卒)
photo Sラボには、他の予備校にはない、こちらの要求に応じ授業内容を構成する柔軟性がある。特に2点述べたい。まず、桜井さんの個人の状況に応じた適切な助言。勉強・心理面で必要な時点で最善の選択肢を提示してくれた。直前期に不安と焦りで勉強が手につかなくなってしまった時、先生に勉強法含め相談したことで乗り切れた。次に、周りの塾生との距離の近さ。私は浪人生だったが、現浪関係なく、共に勉強に励む仲間の存在が受験を乗り切る上で非常に大きな助けだった。いくら気持ちが強くても1人での努力には限界がある。休憩時間に雑談をして笑いあえたことが本当に精神的な支えとなった。Sラボで浪人できて良かった。ありがとうございました。

植木さやか(一橋大学経済学部、立川高校卒)
photo 私は高2の3月にSラボへ入塾しました。大手予備校とSラボの体験授業を受けて、少人数かつレベルの高い授業、先生や生徒同士の距離の近さに惹かれて入塾を決めました。当初、東京外語大志望でしたが、桜井先生の勧めで一橋大学に決め、英語・数学・国語・世界史を受講しました。特に桜井先生の英語では入試用の小手先の技術ではなく、大学や留学まで見越した本格的なものだったので、国公立も私立も対応でき慶應経済学部にも合格。また、授業合間の雑談の中にも興味をそそられるものが沢山あり、大学や将来にやりたいことの幅も広がりました。世界史の記述対策では、直前期に作ってくださった私専用のテキストでどうにか切り抜けました。Sラボで勉強した経験はとても大きな自信となっています。本当にありがとうございました。

石原たくみ(東北大学工学部、杉並学院高校卒)
photo 私がSラボに入塾したのは高校一年の冬。数学、英語、物理を受講しました。物理や数学は基礎から国公立対策までやっていただきましたが、特に数学はSラボ特製のハイレベルな問題と分かりやすい解説のセットが素晴らしく、どの参考書よりもためになり、いつの間にか数学が得意科目になっていました。英語はアメリカの大学などで教えられている英語長文の効率的で実用的なやり方を学び凄まじい英語力を養うことができました。また休憩時間などに桜井先生が話す文系理系問わず幅広い知識はためになる上におもしろく、ただ知識を詰め込むだけでないこの塾に通うのがいつも楽しかったです。先生と生徒、また生徒同士も距離が近く受験直前は生徒同士で励まし合ったり教えあったりして互いに高め会うことができ第一志望合格にむけて頑張ることができました。この塾がなければ一年間頑張ることができなかったと思います。

田淵里奈(早稲田大学文化構想学部、国分寺高校卒)
photo 桜井先生の英語の授業で扱う英文はとても質が良く、背景や教養的な事柄も深く学べました。それが現代文や小論文でも大いに役立ち大きな得点源となりました。木元先生の日本史では根本的な理解ができ、苦手な経済史や土地制度なども十分に習得することが出来ました。勉強は辛いものというイメージを変えてくれるほど、感動したり大笑いしたりと学びの楽しさを実感出来た1年でした。


和田りかこ(早稲田大学理工学部、錦城高校卒)
photo 初めて教室に足を踏み入れた時、室内はパーテーションで仕切られているだけで部屋が分かれていなかったので非常に驚きました。しかし、そのことによって同じ目標を持つ友達と勉強を教えあったり、疲れた時には話をしてリラックスすることができ、メリハリのついた勉強をすることができました。それに加えて、Sラボの授業は質が本当に高いのです。数学では受験対策のみならず必ずプラスアルファの知識もつけさせてくれましたので、大学に入ってから活かすことのできる授業は本当にためになりました。数学以外の講座においても、桜井先生が丁寧にフォローしてくださりました。家族のような温かみのあるSラボで学ぶことができたこと、素晴らしい先生や友達に出会えたこと、全てが私の大きな財産になったと思います。本当にありがとうございました。

岩淵まい(明治大学法学部、宝仙学園高校卒)
photo 私は英語と国語を受講していました。Sラボの長所は沢山ありますが、生徒の自主性を重んじる点と生徒と先生の距離が近い点、生徒同士のつながりが深い点が特徴的です。勉強は勿論、進路や将来についてもアドバイスをくださって本当に助かりました。授業では受け身でノートを取るのではなく、自分で考える時間を多く与えられるので考える力がつきます。また、英語では読解方法だけでなく、題材についての豊富な背景知識を教えてくださり英語と同時に時事問題などについて考える機会があります。1つの題材を学ぶのに他のテーマも絡めて説明してくださるのでとても記憶に残りやすく、自分の興味の幅も広がりました。これからもSラボで学んだことを生かしていきたいと思います。

安納とくひ(昭和薬科大学薬学部、西高校卒)
photo 志望大学も学部も決まらず、大手の予備校を彷徨い続けた末に辿り着いたオアシスがSラボでした。他の塾にない客観的かつ論理的な視点や考え方に基づいた授業は、ただレベルの高い問題をこなすだけではなく大学の内容にまで踏み込んだ深みのあるものでした。また、自習がいつでも可能なことや疑問点を直ぐに質問出来ること等、何処までも受験生思いな点も受験期を過ごす上で大きかったです。Sラボで桜井先生の機知に富んだ授業を受ける中で医歯薬系の分野に興味が湧き薬学部に進学することにしました。私にとってSラボは自分の人生を考えたり、可能性を模索したりする機会を与えてくれる場所でした。Sラボで合格を迎えられたことを本当に幸せに思います。講師の方々と仲間達、一年間本当にありがとうございました。

このページのトップへ


2016年度卒塾生

東京大学理科I類 向山君(都立武蔵高校)
photo 私は有名進学校に通っていたわけでもなく、勉強に不安があり高2の春からSラボに入塾しました。私が受講していたのは英語・数学・物理・化学および季節講習の国語で、講師の桜井先生に全科目を教わったのですが、どの授業も生徒の知的好奇心を掻き立てるように構成されていたのが印象的でした。周囲の生徒の学力レベルも高く、自分も負けないようにと気が付いたら必死に勉強をしていました。そして、その結果が現れるのも早かったです。入塾前の高校1年冬の駿台全国模試で東大E判定と見事に惨敗した私が、入塾後の高2駿台全国模試及び東大本番レベル模試でA判定を取ることができたのです。さらに高3夏の東大模試ではA判定、秋の東大模試でもA判定と上位での優秀者氏名掲載を達成することまでできました。こうして合格体験記を書きながら振り返ると、桜井先生のサポートに感謝してもしきれず、先生から手ほどきしていただいた学問が始まることが楽しみで仕方ありません。Sラボ一門としてこれからも全力を尽くしたいです。

東京大学文科III類 佐々君(都立武蔵高校)
photo 私は高1の時から東京大学を志望していましたが、高2になり、そろそろ本格的に受験に向けて対策を始めたいと思っていた頃、学校の友人の紹介でSラボを知りました。体験授業では桜井先生の質の高い授業や塾のアットホームな雰囲気に惹かれ、すぐに入塾を決めました。週6日あった習い事の水泳と両立しながら通塾できることも魅力の一つでした。私の思うSラボの特長は、アットホームな雰囲気です。少人数であるため、先生と生徒の距離が近く、何かわからないことがあればすぐに質問できます。また、生徒同士の距離も近く、お互いの解答を確認し合うこともあり、友人たちと刺激し合いながら切磋琢磨しました。それに加え、授業以外の時間には、桜井先生や友人たちと会話を楽しむことで、気持ちをリフレッシュすることもできました。授業では、自分のレベルに合った問題の演習をしました。私はSラボで英語と数学を受講しましたが、自分の苦手分野や、勉強が手薄になりがちな分野の演習問題を用意していただいたおかげで、以前は苦手だった英作文も本番では得点源にできました。このように一人一人に合わせてきめ細かく対応していただけたのは、Sラボだったからこそだと思います。本当にありがとうございました。

日本医科大学医学部 田畑さん(豊島岡女子学園高校)
photo 色々な予備校を渡り歩いていたのですがなかなか結果に恵まれず、何とか苦手な数学を克服したい!模試では取れるのに実際の入試では点の取れない英語を何とかしたい!との思いで妹の勧めるSラボに入りました。Sラボの第一の特徴は考える時間をたっぷり貰えること。数学では先生が作ったプリントを解くのですが、一筋縄ではいかない問題がずらり。どれから解いていくか、どのようにアプローチしていくかなど実際に問題を前にした時の対応の仕方を学べました。また、英語では文章の主張の探し方など講義を受けた後、実際に英文問題に取り組みます。学んだことを自分で試すことで、使える知識へと移行することが出来ました。第二の特徴は、先生の人生経験豊富なお話が聞けること。桜井先生は様々な武勇伝をお持ちです。繰り出されるお話はどれも面白く、毎回どんな話が聞けるのか楽しみにしていました。第三の特徴は様々な質問・要望に答えて下さること。医学部の内情にも精通していらっしゃるので、最後の方で受験校で悩んだ際には具体的なお話が聞けて本当に助かりました。その他にも、講座によっては個別対策をして下さったりと一人一人に合わせて下さいます。この一年間お世話になり、お陰様で医学部に合格することができとても感謝しています。諦めなければ夢は叶います。受験生活は中々辛いですが、最後まで頑張って下さい!

一橋大学経済学部 新田君(郁文館高校)
photo 横浜から片道一時間半かけて三鷹のSラボに通っていましたが、十分にその価値のある学びの場でした。私はカナダに留学していましたから英語力にはある程度の自信はありました(TOEIC900点台です)が、この塾では、それがただの思い上がりだと直ぐに心の底から思い知らされたのです。桜井先生のオリジナル教材を使った英語の授業を受ける度に、演習では脳が痺れるくらい考えさせられ、わかりやすい説明や解説で目から鱗が落ちまくっていました。さらには、文章の社会的・科学的背景や意義など普通の塾では受けられないような視座を得た結果、受験などはただの通過儀礼に過ぎなくなっていました。

国際基督教大学(ICU) 田中さん(国立高校)
photo 高2の頃に入塾してから合格まで、桜井先生には本当にお世話になりました。Sラボでは他の塾とは違って授業をただ受けるだけではなく、生徒が積極的に発言して授業に参加していく形だったので、毎回楽しんで通うことができました。また、授業の合間の雑談にもためになる話が多く、自分の興味の幅が広がりました。第一志望校をICUに決めてからは、特殊な入試方法なのもあって、普段の授業だけで対策できるのか不安な部分もありましたが、リスニングから総合教養に至るまで個別に細かく対応していただきました。特に全く出来なかったリスニングが一カ月で驚くほど力がつき、安心して受験に臨むことができたのは大きかったです。また、Sラボは先生と生徒の距離がとても近く、気軽に質問や相談ができるとても良い環境だと思います。この塾に通い、受験のためだけではなく、大学に入ってからも役立つような知識をたくさん得ることができました。本当にありがとうございました。

このページのトップへ


2015年卒塾生

山梨大学医学部 湊君(駒場東邦高校)
photo 桜井先生には英語と化学を主にお世話になりました。桜井先生の授業のよい点は、文系や理系という垣根を越えた圧倒的な知識量ゆえの系統だった論理、そして、原理・公理・公式の成り立ちや関連事項などの幅広い「背景」を教えてくれ徹底的に思考訓練させてくれること、更に全科目をトップレベルで教えてもらえることです。それだけでなく、桜井先生は、困っていて先生を頼ってくる人を放っておけない優しく頼れる性格であるので、質問にいったりすると授業後に一時間半も懇切丁寧に答えてくれることも多々ありました。桜井先生は真剣に受験に臨みたいと考えるのであればとても頼れ、最後まで付き合ってくれる最高の先生だと思います。そして、これは完全に蛇足ですが、もう一点。この春から私は2年生になりますが、どのOB・OGも祝賀会や忘年会のイベントなど色んな形でSラボを介した交流が続いていて、桜井先生、錚々たる先輩方、様々な大学に通う同期とのネットワークで大学生活がより有意義になっています。この関係性こそがSラボの真骨頂ではないでしょうか。そういう意味では、大学入学後にも価値ある前代未聞の塾です。

このページのトップへ


2014年卒塾生

慶應義塾大学医学部 山本君(聖光学院高校)
photo 医学部を目指していた高3の春、それまで都心の有名塾に通っていたが、三鷹にすごい先生がいると聞いて訪ねてみた。塾といえば「シーン」というイメージだったがこの塾は違い、ダントツで楽しかった。笑いも絶えず毎回通うのが楽しみだった。通い始めてすぐの5月の模試で早速結果が出て自分でもビックリするA判定。その後は学校でもトップ10に常に入る様になり、成績は安定した。特に迷いが生じると、すぐに相談に乗ってもらい解決してくれたことが大きい。桜井先生は何でも教えられるので、やりたいことや不安なことは全て対応してもらった。受験前は毎日塾に通い、自習はもちろんのこと、自分専用に直前対策をしてもらい、その範囲がズバリ本試で的中したのも凄かった。また塾の仲間との出会いも大きい。受験直前まで互いに支えあい、集中して疲れた時は雑談が始まり、それがまた面白くてリラックスできた。まさに第2の家の様なものだった。ここに通うことができたのは人生において大きな転換点だった。常にサポートしてくれた桜井先生には本当に感謝しています。

慶應義塾大学経済学部 岩田君(都立武蔵高校)
photo 桜井先生に鍛えてもらえてよかった。高校2年生の夏までは部活に打ち込み、偏差値も50前後で学校の英語の成績が2という状態から受験勉強をスタートし、まずは徹底的に基礎をすることになった。高3からの英語の長文読解の授業では、文脈や指示語の読み方などの具体的な技術を伝授してもらったが、その衝撃は凄まじいものがあった。パズルの様に問題が解けていく。お陰で英語の勉強がとても楽しくなっていた。また単なる解き方だけでなく、英文が書かれた時代背景や筆者の思想を説明してくれるので、多くの知識を吸収できた。受験直前には慶応SFCの難問と言われる小論文対策もして頂き、たった一ヶ月で合格レベルまでもっていくことができた。本当に感謝してもしきれない。僕が難関と言われる慶應大学に合格できたのも、桜井先生のバックアップと団結してお互いに高めあうことができた仲間のおかげだと思う。最高の状態で入試に送りだしてくれた皆さんに心から感謝しています。

このページのトップへ